「通販企業が知っておきたいキャリア動向」タイトル

2010年3月 通販新聞社 月刊「ネット販売」連載記事バックナンバー

携帯電話を「通販ツール」に進化させるプロフェッショナル育成講座 タイトル ビジネス感度を高めで受講のこと

連載◆61時間目
「通販企業が知っておきたいキャリア動向」

皆さんこんにちは。飯野です。今回は最近の携帯キャリアの動向から、通販企業が知っておきたい、キャリアの最新動向を紹介していきたいと思います。キャリアでは毎月のように新しいサービスが開始されたり、ルール変更が行われたりしていますが、自社サイトの運営に追われていると、大事なニュースを見逃してしまうことがよくあります。その中には、活用すれば売上アップに繋がるものもあります。今回はそのような情報をピックアップして見ていきたいと思います。現在キャリア公式サイトを運営している企業はもとより、公式になっていない企業もチェックしておいて損はないでしょう。



新規サイト増加中の「企業・ブランド」カテゴリ

「企業・ブランド」カテゴリがドコモで開始されてもうすぐ2年。2009年7月にはソフトバンクでも開始されました。auでの開始も間近でしょう。企業でも意外と知らない方が多いのですが、このカテゴリは、ショッピング機能をまだ持っていないサイトでも、しっかりとした情報さえあれば「企業の宣伝・広報」として活用できる、いわばキャリア公式の広告枠なのです。ショッピングのカテゴリには通販サイトを開設し、「企業・ブランド」カテゴリには企業情報サイトを開設して使い分けている企業もあれば、「企業・ブランド」のみにサイトを開設している企業もあります。

ドコモ「企業・ブランド」小売関連サイト・地方サイト一覧

ドコモで開始された2008年4月当初は50サイト程だったこの「企業・ブランド」カテゴリですが、今では200サイト余りに増えています(図1参照)。半年前にも同様の調査を行ったのですが、図で★マークの付いているサイトが、今回新たに加わったサイトとなります。特に、「各地の企業・ブランド」の増加が目立ちます。ここには通販以外の企業も含まれていますが、地方の企業も十分に公式サイト参入の可能性があることが分かります。また2008年当初に比べて、酒類や趣味など、よりターゲットが限られた製品を扱う企業も参入してきており、ドコモが受け入れる企業の幅が広がってきているように見受けられます。この記事を見て「うちも行けるかも」と思った企業の方は、是非チャレンジしてみてください。エントリーはPCから簡単にできます(http://newip.nttdocomo.co.jp/faq.html)。

一般サイトへのリンクが可能に

これまで、公式サイトではau以外のキャリアでは一般サイトへのリンクが禁止されていましたが、昨年半ばから後半にかけて、ソフトバンクとドコモでも申請すれば一般サイトへのリンク設置が可能となりました。これにより、3キャリアすべて一般サイトへのリンクがOKになりました。今後は今までできなかった様々な施策が行えるようになります。例えば、自社で公式サイトと一般サイトを両方持っている場合は、公式サイトで集客したユーザーを一般サイトにも流すことが可能です。ただし、リンクできるのは公序良俗に反しないサイトのみとなり、公式サイトとほとんど変わらない基準が設けられているので注意してください。またリンク先のサイトへ移動する前には、この先は別のサイトとなることがユーザーに分かるようにしましょう。この点はキャリアのチェックが入ります。


検索は引き続き公式サイトが有利

公式サイト検索結果画面

携帯で検索する時「トップメニューにある公式の検索サイトを利用する」と答えたユーザーは2009年には64%に上り、2008年からも3.2ポイント上昇しています(「ケータイ白書2010」より)。携帯から検索するユーザーは年々増えていますが、図2のように、検索結果で公式サイトは上位に表示されるので圧倒的に有利と言えます。ただし、検索ロジックはキャリアによって異なり、また変更されることもあるため、公式サイトだからといって安心はできず、その都度最適化していく必要があります。ただし今のところは、検索ロジックは変わっても、公式サイトが強調されることには変わりありません。最近では、検索で上位表示されるために公式化する企業も増えてきており、SEO対策の一つとして「公式化」は外せない手法となっています。


キャリア申請スケジュールには余裕を持って

制限が緩和されても、公式サイトは基本的には何をするにもキャリアへの申請が必要です。申請方法はキャリアによって異なり複雑なため、この「申請作業」が実は落とし穴だったりします。例えば「明日からブログにリンクを貼りたい」などと言ってもまず無理です。スケジュールには余裕を持って、公式サイトの力を最大限活用できるようにしていきましょう。



他の記事を見る


矢印 アイコンバックナンバー目次へ


飯野勝弘プロフィール

飯野勝弘プロフィール

日本IBM㈱にて法人営業後、大手通販会社の通販部門責任者を経て、 ㈱MTI(ジャスダック上場企業)執行役員モバイルコンテンツ事業部長として、公式コンテンツ300サイト以上の立ち上げを経験。現在㈱モバイルコマース代表取締役として、全国の通販企業の携帯サイトコンサルティング業務を行う。
主業務に携帯サイトの設計企画、3キャリアへの公式承認代行(完全成功報酬制)、サイト開発、運営、売上UPコンサルティング、セミナー等 幅広く活動中。毎月4キャリア(ドコモ・KDDI・ソフトバンク・ウイルコム)へ通販企業様の公式サイト提案を行っている。数社のIT企業役員も兼務。


連絡先:東京都世田谷区用賀2-38-14 青木ビル 4階
電話03-3700-5259



トップへ戻る アイコントップへ戻る

» モバイルコマース トップページ » 通販新聞社 月刊「ネット販売」連載記事バックナンバー » 「通販企業が知っておきたいキャリア動向」